学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 内定者の声

内定者の声

村田 光希

村田 光希

普通科総合コース
野球部
島田中出身

日新製鋼株式会社 内定

 私が聖光高校に入学し、一番大切にしたことは「人間性」です。私は野球部に所属し、監督やコーチ、顧問の先生方に技術の指導はもちろん、これから社会人になる自分たちにとってとても大切なことを指導していただきました。それは学校内でも一緒です。たくさんの先生方が言うことを理解し、実践していくことが大切だと思います。挨拶や返事の声、礼儀。初めは強く意識しやっていきますが、無意識にできるようになってこそ社会に出て恥ずかしくない人材としてやっていけると思います。感謝している聖光高校に恩返しできるよう、この高校で学んだことを会社で活かしていきたいと思います。

迫田 結貴

迫田 結貴

普通科総合コース
バスケットボール部
由宇中出身

あさひ製菓株式会社 内定

 私は聖光高校で挨拶や礼儀などの社会人になる上で大切で基本的なことや自分で考えて行動することを学びました。部活動で私は副主将を任され、自分に何ができるのか、何を求められているのかを考える日が続きました。しかし、そこに正解はなく、相手のことを考えながら行動しました。考えることによって物事の判断がつくようになっていきました。1年生の時から身に染みるようにやってきた集団行動や礼儀。就職活動の時、日頃からやっていて本当に良かったと思いました。3年間たくさんの方々に支えられながら成長できたことを実感しています。聖光高校で学んだことを活かして、自分らしさを発揮し、頑張っていきます。聖光高校に入学して本当に良かったです。

原田 理夢

原田 理夢

普通科総合コース
陸上部
玖珂中出身

新日鐵住金株式会社 内定

 私は勉強と部活動の両立をすることを頑張りました。特に部活動は自分の好きなことだったし、努力を惜しまずに3年間頑張ることができ、その活動を通して人間性や社会人としてのあり方を学びました。3年次に行きたい企業が決まってからは、夏休みの部活動の前と後は教室で勉強し、自分の苦手教科の克服に努めました。そして、就職試験の1週間前からは毎日学校で面接練習をするなどし、頑張ってきたことでいい成果に繋げることができたと思っています。高校生活で培ってきたことをこれからも活かしていきたいと考えています。

小森 優花

小森 優花

普通科社会福祉コース
園芸クラブ
浅江中出身

社会福祉法人 光冨士白苑 内定

 私は何となく福祉関係の仕事に就きたいと思い、聖光高校に入学しました。福祉コースでは福祉に関するたくさんの知識を学ぶことができたり、介護実習では実際に施設で介護を行ってきました。私は介護実習で、利用者の方に笑顔で「ありがとう」と言われた時に喜びを感じ、福祉の仕事に就きたいと思う気持ちが明確になってきました。就職してからも聖光高校で学んだ介護技術などを活かして、利用者の方に安心して介護を任せていただけるような介護福祉士になりたいと思います。

大坪 弘樹

大坪 弘樹

綜合ビジネス科情報ビジネスコース
剣道部
浅江中出身

日新製鋼株式会社 内定

 希望した企業から内定をいただくために、私は常に挑戦する気持ちを忘れずに、高校生活を送ってきました。就職を意識するようになったのは2年生にあがる時で、その当時は生徒会役員の仕事もやっていたこともあり、多くの仕事を先生方に任せていただくことが多くなりました。仕事を任される際も、必ず自分の成長に繋がると思い、常に挑戦してきました。内定をいただいてからもここまで感謝の気持ちをもって頑張って来ました。入社しても常に挑戦し続けることのできる人材でありたいと思います。

中野 真帆

中野 真帆

綜合ビジネス科情報ビジネスコース
陸上部
島田中出身

マツダ株式会社 内定

 私は入学前から聖光高校の先輩方の活躍されている姿を見て、いつしか憧れをもっていました。そんな聖光高校で私も「活躍する選手になって、誰もが憧れをもっている大舞台『都大路』に出場したい」という夢をもって入学しました。この夢を叶えるために、3年間きつい練習でも仲間と励まし合いながら乗り越えてきました。怪我をすることも多く、練習できなくてつらい時期もありましたが、家に帰ってからも自主練をしたりと誰よりも努力をしてきました。残念ながら夢を叶えることはできませんでしたが、夢を叶えたいという強い気持ちがあったからこそ、諦めずに最後まで頑張ることができたし、多くの方々の支えでここまで成長することができました。4月から社会人になります。部活動で学んだことを活かし、誰からも信頼される人材になるために一生懸命頑張っていきます。

田中 亨佳

田中 亨佳

綜合ビジネス科情報ビジネスコース
柔道部
大和中出身

株式会社 山口フィナンシャルグループ 内定

 私は聖光高校に入学して、「人前で話す」という社会人になって、すごく大切な力を身につけることができたと思います。綜合ビジネス科の授業で、人前に出て自分の意見を言う訓練をしたことやビジネス科の先生に大勢の前に立つ機会を与えていただいたことで、人前で話す楽しさも知ることができました。人前で話す力はすぐ身につくものではないと思うので、これから必要になる力を少しでも身につけることができたことは私の財産になると思います。そして、自分の考えを言葉にすることができるようになったことで、就職の際の面接練習でスムーズに考えを伝えることができました。そして、それが自分の自信となり、誰よりも多くの先生方に面接練習をお願いしに行くことができました。後輩の皆さん、先生方は学校生活の中で一歩前に出るチャンスをくださると思うので、それを活かして、自分が誰にも負けないと思えるものを見つけて頑張ってください。3年間、楽しい高校生活でした。

濵田すみれ

濵田すみれ

綜合ビジネス科情報ビジネスコース
陸上部
岐陽中出身

東山口信用金庫 内定

 私は聖光高校で陸上がしたいと思い、入学を決めました。部活動ではとても良い仲間と出会い、楽しく、結果が出た時の嬉しい反面、減量や怪我、不調にすごく苦しい時期もありましたが、自己管理はもちろん、責任感や気遣いなど競技力だけではなく、人間性がとても成長できたと思います。私は進路を就職に決め、就職指導中も部活動は引退しておらず、学校はもちろん、合宿の合間や家でも就職試験の勉強をして、とても大変な時期を過ごしましたが、このお陰で就職試験では自信をもって望むことができました。私はこれから社会人として、この学校生活で学んできたことを活かして資格を確実に取得していき、誰からも信頼される社会人になりたいと思っています。

岩神 栞花

岩神 栞花

綜合ビジネス科医療ビジネスコース
JRC部
大和中出身

光市役所 内定

 私が高校生活で学んだことは人の温かさです。私はJRC部に所属して、地域のイベントのボランティアに参加させていただきました。私がボランティアをさせていただいたのに、お礼の言葉を私にかけてくださいました。このような経験から、市民の方々のためになる仕事がしたいと思うようになりました。この夢を叶えるために学校での面接練習はもちろん、YIC公務員専門学校で行われている土曜講座に参加したり、夏休みには集中セミナーにも参加しました。私は就職してから市民の方々へ尽力することはもちろん、光市の魅力をたくさん発信できる職員になりたいと思っています。

藤井 比呂

藤井 比呂

機械科
サッカー部
富田中出身

株式会社トクヤマ 内定

 私は聖光高校で好きなサッカーを思い切りやりたいと思い、入学しました。 そのため、1年次は勉強を後回しにしていました。しかし、先生方や先輩から進路の話を聞く内に「このままではいけない」と思うようになり、勉強と部活動の両立を心掛けるようになりました。どちらにも手を抜かず、努力することで、定期テストでは上位を取れるようになり、部活動では2年次からレギュラーとして出場することができるようになりました。
 私はこれから社会人となり、新しい環境で苦労することもたくさんあると思いますが、聖光高校で学んだことを忘れず、周りから仕事面でも人間性でも信頼される人になるように頑張ります。最後に、3年間私に関わってくださった先生方や友達にはとても感謝しています。ありがとうございました。

林  達也

林  達也

機械科
野球部
熊毛中出身

東洋鋼鈑株式会社 内定

 私は高校時代、物事に集中して取り組むということに徹底してきました。私は部活動では野球部に所属していました。長い練習の時間を集中することや試合時間を集中することだったり、勉強面でも集中して行うことを意識することで、クラスでも上位の成績を3年間キープすることができ、私の希望する企業に内定をいただくことができました。社会人になって大事なことは人間関係や礼儀、言葉遣いだと思います。そこに気を遣い、信頼される社会人に成長していき、企業の中で愛される人間になれるように努力していきます。

河村 太佑

河村 太佑

機械科
サッカー部
久保中出身

出光興産株式会社 内定

 私は「サッカーで全国大会に行きたい」という目標を抱き、聖光高校に入学しました。毎日の練習では常に高い競争意識をもち、互いに切磋琢磨しながら取り組んできました。結果的に最後の大会ではベスト4という成績で終わってしまいましたが、部活動を通して「協力する大切さ」「常に自分の課題を見つけながら取り組むことの大切さ」を学びました。これらのことは社会人になっても大事にしていかなくてはいけないことだと考えています。これからいよいよ社会人としての日々を歩むことになりますが、自分で考えながら行動し、1日でも早く先輩方から信頼され、期待していただけるよう、この学校で学んできたことを胸に頑張っていきたいと思います。この3年間で大きく成長でき、自分にとってかけがえのない時間になりました。

河村 奎汰

河村 奎汰

機械科
野球部
室積中出身

新日鐵住金ステンレス株式会社 内定

 私が聖光高校で学んだことは「目標に向かって努力し続けること」です。私は2つの目標を掲げていました。1つ目は定期テストで上位をキープし、自分が希望する企業から内定をいただくこと、2つ目は部活動の野球で、夏の大会のマウンドに立つということです。この2つの目標に向かって努力し続けた結果、その両方を達成することができました。これまでの過程でたくさんの失敗もありましたが、高校生活には後悔はありません。たくさんの経験をすることができました。先生方のご指導もあり、社会に出て大切な礼儀、挨拶、集団行動も身につけることができました。聖光高校は努力し続けられるとても良い環境でした。

上田 尚哉

上田 尚哉

機械科
サッカー部
灘中出身

東ソー株式会社 南陽事業所 内定

 私は「サッカーが強いから」という理由で、この聖光高校に入学しました。ですが、1年の時に、先輩から就職の話を伺って、このままサッカーだけを頑張っていてはいけないと感じ、勉強、部活動を高いレベルで両立させようと思いました。自分に言い訳をして、勉強が疎かになるのはいけないと思い、日頃の生活からメリハリをつけることを意識しました。どちらともに全力で取り組むことによって、勉強では常に上位をとるだけではなく、難しいと言われる資格を取得することができ、またサッカーでもレギュラーをとることができました。社会人になってもメリハリを大切に仕事に励んでいきたいと思います。

岩城 龍馬

岩城 龍馬

機械科
バスケットボール部
室積中出身

武田薬品工業株式会社 内定

 私は入学して間もない頃は「就職」に対してあまり考えていませんでした。しかし、定期テストでは家でも時間を決めて平日は3時間、休日は6時間近く取り組むように努力してきました。部活動ではバスケットボール部に所属し、技術面はもちろん、挨拶や礼儀などを教えていただきました。高校生活を通して、入学した当時よりも今の自分は成長できたと思います。就職試験の1ヶ月前から面接練習や試験勉強に取り組みました。特に面接練習では、なかなかうまく喋れずに何度も練習した思い出があります。その結果、就職内定をいただくことができました。この内定という結果は自分だけの力ではなく、数多くの先生方の支え、両親の存在があったからだと思います。4月からは社会人として頑張っていきたいと思います。また、誰からも信頼されるような社会人になれるように頑張っていきます。

福本  聖

福本  聖

機械科
バスケットボール部
島田中出身

カンロ株式会社 内定

 私は元々、自分に自信がもてなくて、何をするにも消極的でした。そのような中で、私はどうしても就職したい企業を見つけました。しかし、その企業は倍率が高く、自分には無理だから諦めようと先生に相談をしたところ、自分の心の弱さを指摘していただき、ここで自分に負けてはいけないということを実感しました。そこから、私は一度決めた道はどんなことがあっても貫こうと決心し、希望した企業を変えずに、就職活動に励みました。お陰で無事内定をいただくことができました。この聖光高校での3年間で私は自分に自信をつけることができた、中身の濃い時間を送ることができました。これを糧に社会人として頑張っていきたいと思います。

山内 昌也

山内 昌也

機械科
サッカー部
灘中出身

トヨタ自動車株式会社 内定

 私は入学当初から県外に出たいという思いが強く、担任の先生に相談したところ、トヨタ自動車株式会社を勧めていただきました。そこで、内定をいただくために、まずは定期試験の成績を上げたり、たくさんの資格を取得しようと思いました。私は長時間勉強するのが苦手だったので、自分なりに考えて、無理矢理やらなくてはならない環境をつくることを心掛けてきました。また、部活動では主将として常に見られているという意識をもって、礼儀や所作を徹底して、自分の軸をぶらさないということを意識してきました。その結果、正しい礼儀や所作が自然と身についており、それほど苦労しませんでした。皆さんも聖光高校で社会人としての必要な力を身につけて、自分なりのやり方で目標に向かって頑張ってください。

橋本 大河

橋本 大河

機械科
サッカー部
安下庄中出身

株式会社神戸製鋼所 内定

 私が聖光高校で学んだことは礼儀です。聖光高校に入学したきっかけは、サッカーで全国大会に出場するという目標があったからです。入学してから、今の私がちゃんとした高校生活を送れ、無事卒業まで辿り着くことができたのも先生方のお陰です。本当にお世話になり、感謝しかありません。私が就職先を神戸製鋼株式会社にした理由は、担任の先生から「お前は県外に出て、自立した方が良い」と背中を押していただいたからです。その他にも多くの方々に支えられて、内定をいただくことができました。内定をいただいた時は嬉しくてたまりませんでした。この時、本当に聖光高校に入学して良かったと心の底から思え、感謝の気持ちでいっぱいです。