学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 内定者の声

内定者の声

復光 駿介

復光 駿介

田布施中出身

日鉄ステンレス(株)山口製造所光エリア 内定

 私は聖光高校で陸上がしたいと思い、入学を決めました。部活動では結果が出て嬉しいこと以上に自己管理の大変さや怪我による不調に悩まされることもありました。しかし、「中国大会に出場する」という目標があったので、3年間努力を惜しまずに陸上に打ち込むことができ、3年生最後の県大会で中国大会出場を決めることができました。3年次に行きたい企業が決まり、たくさんの先生方に面接練習をしていただいたり、社会人として必要なことを教えていただきました。これから苦労することもたくさんあると思いますが、聖光高校で学んだ目標に向かって努力し続けることを忘れず、頑張りたいと思います。

木村 有登

木村 有登

浅江中出身

東洋鋼鈑(株) 下松事業所 内定

 私は聖光高校野球部で甲子園出場をしたいと思い、入学しました。毎日、厳しい練習の中で仲間と協力し、支え合ってきました。目標であった甲子園に行くことはできませんでしたが、創部初の中国大会に出場することができました。そのことから「支え合う大切さ」「努力する大切さ」を学ぶことができました。これらのことは社会に出ても大切なことだと思います。聖光高校で学んだことを胸に刻み、先輩方から期待され、愛される社会人になりたいと思います。学んだことを無駄にせず、1日も早く仕事を覚えられるように頑張ります。

渡邊  凪

渡邊  凪

光井中出身

(株)神戸製鋼所 加古川製鉄所 内定

 私は部活動面や勉強面だけではなく、人間として成長したいという思いから聖光高等学校に入学しました。仮入学から他の高校とは違うんだという意識をもち、日々、勉強や部活動など学校生活を送っていく内に品のある言葉遣いや立ち居振る舞いができるようになっていき、他にも視野が広くなったことで、いろいろな場面で周囲に気を配れるようになりました。私はこれから就職し、社会に出て行きますが、聖光高校で学んだこと、培ってきた経験を活かしながら頑張っていきたいと思います。また、お世話になった聖光高校の名を汚さないよう、かっこいい大人になりたいと思います。

片山 歩夢

片山 歩夢

平生中出身

トヨタ自動車(株) 内定

  私が高校生活で頑張ったことはサッカーです。入部した時に「レギュラーになって全国大会に出場する」という目標を立てました。その達成のため、朝晩の自主練習で苦手なプレーを何度も練習しました。プレーの克服はできましたが、レギュラーとして全国大会に出場することはできませんでした。でも、これは私にとって良い経験でした。会社に入社したら覚えることも多く、大変なことも多いと思います。でも、向上心をもち、何事も楽しんでいったら、サッカーと同じで仕事の技術も向上すると思うので、これからはサッカーで学んだことを仕事でも活かして頑張っていきたいと思っています。

田中 結都

田中 結都

室積中出身

(株)日立製作所 笠戸事業所 内定

 私が今まで聖光高校で充実した高校生活を過ごしてきて、大切にしている言葉があります。それは担任の先生が仰った「迷ったらきつい方を選べ」という言葉です。この言葉を聞いた時、私は今の自身の勉強に対する姿勢、サッカーに対する姿勢が本当にそれで良いのかと自分を見つめ直すことができました。それからは勉強もサッカーも苦手なことから逃げずに取り組み、今まで以上に充実した高校生活を送ることができました。社会人になっても、私には大きな夢や目標があります。実現できるよう毎日を大切にしていきます。

中江 玲磨

中江 玲磨

周陽中出身

日本製鉄(株) 内定

 私は高校時代から貫いてきた『常にかっこいい人間になる』ということを意識して、行動するということを、卒業後も継続していきたいと思います。『常にかっこいい人間』というのは担任の先生から言われた言葉で、僕はその言葉がとても心に響いたので今までその言葉をずっと大事にし、人から頼まれた嫌なことでも、前向きに行ってきました。すると徐々に人からも頼られるようになり、充実した高校生活を送れるようになりました。これからは社会人になり、もっと大変なことばかりだと思いますが、しっかりかっこいい大人として、信頼の厚い社会人となれるよう頑張っていきます。

淺谷 歩睦

淺谷 歩睦

秋月中出身

(株)トクヤマ 内定

 「誰からも好かれる新入社員になる」「常に成長する」4月から社会人になるに当たって、この2つを頭の中において生活していきたいと考えています。
「先輩社員への気遣いができる」「誰もがやりたがらないことを進んで行う」このような誰でも意識したらできることを続けていけば、誰からも好かれる新入社員になれると思います。また、更なる成長を目指して、現状に満足することなく、様々なことに挑戦していく姿勢を忘れず頑張っていきます。

岩本 希望

岩本 希望

熊毛中出身

山口県警 内定

 私が中学校の時から抱いていた警察官になりたいという夢は聖光高校に入学したからこそ叶えられたのだと思います。放課後、勉強して夜遅くなっても必ずついていてくださったり、面接練習では自らの時間を割いてまで私1人のために最初から最後まで手を抜かず、丁寧に練習に付き合ってくださる先生方がいます。そのことに私は本当に感謝しています。これから私は社会に出て行くことになりますが、私は正しいことをしている人や頑張っている人が損をしない社会を望んでいます。理不尽な犯罪や交通事故で傷つく人をなくすために、警察官として必要な知識・技能を身につけていきます。

田中 陽大

田中 陽大

岩国中出身

出光興産(株) 内定

 私がこれから社会人として働いていく上で大切にしたいこと、それは助け合うということです。社会に出ればこれまで経験したことのないほど苦しい場面があると考えます。そんな時、一人で問題を抱え込むのではなく、仲間と助け合いながら苦しい状況を打開していきたいと思います。私は聖光高校の学校生活で、多くの仲間や先生方に助けていただき、助け合うことの大切さを学びました。社会人として新しいステージに進んだ際には、高校3年間で学んだ助け合いの精神をもつだけではなく、積極的に行動に移し、様々な場面で活躍していきたいです。

重田 莉玖

重田 莉玖

周陽中出身

マツダ(株)マツダ工業技術短期大学校 内定

 高校生活は中学校と同じ3年間ですが、同じ3年間でも高校の3年間はすぐに終わってしまいます。だから、部活動や勉強にも頑張るべきですが、それ以上に私はクラスメイトと楽しむことを大切に過ごしてきました。私はこれから社会に出て、1番下からのスタートになりますが、どんな時も「楽しむ」ということを念頭に置き、けじめをきちんとつけた、自律し自立できる人間となると共に、たった一度きりの自分の人生・・・精一杯全力で謳歌し、悔いのない人生にしたいきたいと思います。

加藤  成

加藤  成

浅江中出身

東ソー(株)南陽事業所 内定

 私たち高校生は高校を卒業し、就職すれば一人の社会人として働くことになります。私は社会人とは所作や礼儀などの当たり前のことを当たり前にできる人だと思います。例えば挨拶をするにしても、立ち止まって挨拶をすることが社会人としての立ち居振る舞いだと思います。しかし、高校入学当初の私にはそのような能力がなかったので、高いレベルで指導をしている聖光高校での生活は苦痛に感じることもありましたが、この環境で自身を成長させることができました。この経験を糧に、一人の立派な社会人となれるよう精進していきたいです。

寺田 諒平

寺田 諒平

浅江中出身

光地区消防組合 内定

 私は中学校の時に、光地区消防組合に職場体験をさせていただきました。その時に、職員の方々が訓練している時の機敏な動きや堂々とした姿を見て、憧れを抱きました。私は光地区消防組合で絶対に働きたいと思い、聖光高校で勉強と野球を頑張りました。聖光高校は勉強を基礎から学ぶことができ、分からないところがあったら先生方が放課後などに教えてくださる、とてもいい学校です。私はこれから社会人になるので、先輩から言われる前に考えて行動し、先輩から言われたことを確実に行うようにして、何事にも真摯に取り組んでいきたいと考えています。

増井 美友

増井 美友

末武中出身

東山口信用金庫 内定

 聖光高校に入学して私は何となくパソコンや電卓を使う事務の仕事に就きたいと思っていました。情報ビジネスコースで学んで行く内にその思いはますます強くなりました。また、ビジネス科では大勢の人の前に立ち、話す機会がたくさんあり、私が苦手であった人前で話すことが楽しさや自信に変わり、とても成長することができました。この自信は社会人になり、お客様とコミュニケーションをとる上でも役に立つと思います。3年間ビジネス科で学んだことを活かして、信頼される社会人になりたいと考えています。

西村 奈於

西村 奈於

大和中出身

カンロ(株)ひかり工場 内定

 私はこの3年間、コミュニケーション能力や行動力を身につけるために行動やボランティアなど自分のできることに積極的に挑戦してきました。その結果、就職試験の面接で自信をもって話すことができ、自分の希望する企業から内定をいただくことができました。これからは新しい環境で、初めての経験ばかりになると思いますが、仕事の目的意識を見失わず、日々の仕事に励んでいきたいと思います。また、仕事をしていく中で、様々なことを教わる機会が多くあると思います。教えていただくことを当たり前だと思わずに、常に感謝の心を忘れないようにしたいです。

竹浦 万尋

竹浦 万尋

田布施中出身

(株)西京銀行 内定

 私は陸上競技で上を目指したいと思い、聖光高校に入学しました。部活動では良い仲間たちと出会うことができ、毎日一生懸命練習をしてきました。体重を落とすために食事制限をしたり、部活動の時だけではなく、日常生活にも気をつけて過ごすことは大変でしたが、結果が出た時は本当に頑張って来て良かったと思いました。また、陸上競技を通してたくさんの方々と関わり、様々な経験をさせていただくことで、競技力だけではなく周囲への気遣いや責任感などの人間性を成長させることができました。今後は聖光高校で学んだことを活かし、信頼される社会人になりたいです。

香川 七海

香川 七海

玖珂中出身

(医法)新生会 内定

 私は特に明確な目標があった訳でもなく、聖光高校の社会福祉コースに入学しました。しかし、社会福祉コースでの日々の福祉に関する授業や福祉施設での実習を通して、福祉関係の仕事に就きたいと思うようになりました。中でも介護実習では、介護の現場で働く事の楽しさ、利用者の方とコミュニケーションなどを通じて関わる事の大切さを学ぶことができました。就職してからも聖光高校で学んだ介護技術や、コミュニケーション技術を活かし、利用者の方の気持ちに心から寄り添える、そのような理想の介護福祉士になれるように頑張っていきたいと思います。